Becky!のプラグインBkASPilが使えなくなった

Becky!のプラグインBkASPilが使えなくなった

とっても便利だったメールクライアント 「Becky!」 のスパムフィルタplug-in「BkASPil」のサポートがついに終了したので代わりを探す。というお話。

2011年2月13日の深夜、その使命を全うされました。
詳しくは以下のリンクをご覧ください。

BkASPil for Becky!2 終了のお知らせ

単体のベイジアンフィルタとして動くように残してくれないかなぁ…。

最近、皆さんはどのようなメールクライアントを利用されているのだろうか。今回の件で早急にBkASPilの代わりになるプラグインを探そうと思い、Becky!の情報で定番のサイトを見に行ったら結構閉鎖していた。いまどきはThunderbirdに移っているのかな。(^^;;;

さて、本題のSPAM対策用プラグインだが、以下の2つから選ぶこととした。

Selective SMTP Rejection通称S25R方式という、DNS逆引きにより、信頼できなさそうな送信元からのメールはバサバサ切り捨てるタイプのアルゴリズム。

Thunderbirdなどにも実装されている、ベイジアンフィルタを利用した定番アルゴリズム。BkASPilもこちらの方式。

今までベイジアンフィルタを利用していたので、前々から興味のあったS25R方式の「BkS25R」をチョイスした。

S25R方式というのは、DNSを逆引きできないホスト名や、個人サーバであろうナローバンド回線を用いてる送信元のメールは十中八九SPAMだ!と決めつけてSPAM扱いしてしまうというちょっと強引なアルゴリズムである。

しかし、これによりベイジアンフィルタのように学習させる必要が無く、お手軽に済ませられるという利点がある。学習の必要が無いというのはやや誇張表現で、もちろんSPAMと誤認識された場合の修正はしなくてはならない。

デメリットは、いちいちDNS逆引きするためメールの取り込みに時間がかかる。チューニング次第ではあるが、それでもいままでより遅くなる。また、個人事業者で自らサーバを立てていて、ちゃんと設定できてない、つまり逆引き設定をしてない/失敗してるところからのメールは誤認識される確率が跳ね上がる。学習の必要はない…が、最初に、もしくは利用して気づいたときにガンガンとホワイトリストに突っ込んでおくという作業は免れない。

一方、ベイジアンフィルタは、単語を分析学習してフィルタしていく方式である。初期状態は誤認識が多いのだが、時間と共に認識率が高まっていくというもの。

デメリットは、メールクライアントに依存(内蔵、プラグイン)したタイプでは、プラグインを変更したり、メールクライアントを変更した際に、いままで使っていた(学習させた)データベースが使えなくなるため、一から学習し治しとなる。

ちなみに、紹介したBkBsfilWrapperは去年の暮れあたりに登場した新顔のようである。冒頭で話題に挙げたように最近はBecky!の利用者数が減っているのか特にプラグインの選択肢が少なくなっているように感じた。

とりあえず、Becky!のBkS25Rがどれくらい使えるかしばらく様子をみてみることとする。

 

補足:このトピックは割りとアクセスがあるので追記しておきます。皆さんへのオススメは BkBsfilWrapper ですw

※BkBsfilWrapperのURLが変わっていたので修正しました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中